鍼灸院の無賃利用者のニュース | 鍼灸院さがし.ネット

鍼灸さがし.net

鍼灸院さがし.ネット > 鍼灸院様向け 最新情報 > 悪質な無賃利用が都内で多発しています。

悪質な無賃利用が都内で多発

美容鍼灸サロンを狙った悪質な無賃利用が都内で多発しており、実際に対応した港区の鍼灸院様より情報をいただきましたのでご報告させていただきます。
こちらご確認いただき、同じ手口に引っかからないようご注意ください。

経過状況について

お問い合わせから来店、詳しい手口や回避方法は下記の通りです。

8月30日

  1. 非通知にて、雑誌を見たと連絡
    施術についての質問や経歴年数、芸能人にやったことがあるかなど数分間に渡り質問

※院長で指名してきたが予約が取れないため雑誌に出ていたスタッフを指名して予約
(この時、電話番号を教えていただいたが正しいものかは不明)

9月3日(予約日)

  1. 来院されず、電話をかけても不通

9月4日

  1. 非通知にて予約日の確認
    昨日だったと伝えると9月6日に予約、ここでも色々と質問させる

※鍼灸院さがしネットより悪質な無賃利用者に関する情報メールがこの日に届く

9月6日(予約日)

  1. 非通知にて予約時間変更の電話(予約時間を数時間遅らせる)
  2. 非通知にて当院の場所の確認
  3. 予約時間の1時間前に来院
    45分間いろいろな質問を受ける(施術者とは別の男性スタッフが対応)(効果・個人差・内出血・院長との違いなど)
  4. お茶を出すが一切、口にせず

※無賃利用者に関する情報と一致する風貌だったためマーク開始

  1. 施術開始
    特に問題はなく最後まで終える
  2. 施術後
    痛さに満足できなかった、こんなに痛いなら受けなかったとクレーム開始
    (痛みについてはきちんと施術前に説明済み、また施術中にも聞きながら対応済み)
    料金を支払う気が一切なく、同じことを繰り返しながら1時間やり取りを行う
    港区の鍼灸院様としても説明から施術まできちんと行っているため引かずに対応
    興奮した面持ちで大きな声で話してくるので少し落ち着いてもらうべくお茶をすすめるが最後まで一切口にされない(潔癖症と言われていた)
  3. 結果
    最終的にお支払いいただき、退院の際「痛みをもっと伝えて、第二の私を出さないでね」と笑顔で帰って行かれた。
    現場に居合わせたスタッフ様によると電話の時から異様な雰囲気を感じますとのこと。
    プロのクレーマーを感じさせ、大きな声で言葉巧みに攻めてくるようです。

今回の無賃利用者の特徴

  1. 金髪で髪が長く、黒い帽子をかぶっている
  2. 大きな黒のサングラス
  3. 柄の入っている全身黒っぽい服装
  4. 電話は必ず非通知
  5. 質問がとても多い
  6. 施術後に突然クレーム

対応策について

今回のことから考えられる対応策としては下記を徹底して頂くのが良いかと考えられます。

非通知で予約電話があった際は、必ず電話番号を聞く

「時間の調整が必要なため、折り返しのご連絡をさせて頂きますので~」等でつなぎ電話番号を聞く。
「では、またこちらから連絡します」と言われたら、「非通知で予約をされて無賃利用をされる方もいらっしゃるので、次回は番号通知をお願いします」と必ず伝えること。

施術室に入る際、靴を持ち込もうとするため必ず靴は預かる。

それができない場合はルールになっておりますので、と言って施術を断りお帰り頂くこと。

事前の同意書に以下2点を明記すること。

  1. 施術は効果を保証するものではない旨
  2. トリートメント及び時間に対する費用のため、効果に関わらず料金は頂く旨

怪しい人が来院されたら、男性スタッフが対応すること。

声を荒げたり等強く来た場面もあったため、女性スタッフではなく男性スタッフが対応する。もし女性しかいない現場であった場合、1名ではなく2名以上で対応するようにする。

それでもトラブルが発生した場合は、他の患者様にすぐ説明に行くこと。

騒いだり、大きな声を出すことで、治療院側が嫌がるのを無賃利用者は知っているため、わざとそれをします。
よって、他の患者様に”申し訳ありません。効果がないと言って無賃利用される手口が流行っておりその可能性がございます”と説明する

これはあくまで一例ですので、少しでも怪しいと感じたら十分に気をつけるて対応することをおすすめいたします。また、こういった情報をお持ちの鍼灸院様がいらっしゃいましたら未然に防ぐためにも情報共有が大切になってきますので、是非ご一報いただください。当サイトを通してご報告させていただければと思います。

お問い合わせ先はコチラ

口コミ・レビュー広場