鍼灸のメリット・デメリット

鍼灸さがし.net

鍼灸院さがし.ネット > 初めての方へ > 鍼灸のメリット・デメリット

鍼灸のメリット・デメリット

鍼灸のメリット

  1. 身体の調子を整えることができる
    鍼灸施術は症状に対して直接治療を施すのではなく、自律神経を調整したり血行を促進したりすることで、自らの力で症状を改善していけるようサポートする施術です。そのため、局所的な効果だけでなく、全身の健康にもよい影響を与えます。
  2. 副作用がほとんどない
    西洋医学のように投薬や手術など身体に大きな負担がかかるようなことはしません。治療ではないので、薬のような副作用はほとんどなく安心して受けられます。
  3. 誰でも受けられる
    お子様からお年寄りの方まで、また妊娠中の方も安心して受けることができます。腰痛や肩こり、リウマチは一般的に鍼灸施術が行われる症状ですが、赤ちゃんの夜泣き・かんの虫、アスリートの筋肉疲労・捻挫、妊婦さんのつわり・逆子など、さまざまな症状に効果を発揮します。
  4. 保険が適用される場合がある
    神経痛、リウマチ、腰痛、五十肩、頸腕(けいわん)症候群、頚椎捻挫(けいついねんざ)後遺症、その他これに類する慢性的な疼痛のある疾患に対して、鍼灸施術は保険が適用されます。なお、保険適用には医師の同意が必要です。

鍼灸のデメリット

  1. 眠気やだるさが出る場合がある
    鍼灸施術後には、一時的に眠気やだるさが出る場合があります。これは、身体の悪い箇所がよくなる過程で起こる反応であり、「好転反応(こうてんはんのう)」と呼ばれます。時間がたてば自然とおさまるものですので、ゆっくりと休養して身体の回復を待ちましょう。
【好転反応の一般的な現れ方】
  1. 眠気やだるさ、疲労感、ほてり
  2. 下痢、大量の排便
  1. 濃い尿
  2. かすみ目、目やに
  1. ニキビ、吹き出物、湿疹
  2. 吐き気、頭痛、胃痛、腰痛
きっとみつかる!あなたにピッタリの鍼灸院

鍼灸院を探す

口コミ・レビュー広場