むち打ちの改善・予防を鍼灸で

鍼灸さがし.net

むち打ちの辛い症状を緩和

自動車の追突事故やスポーツ時の強い接触によって起こる、首の痛みや頭痛、めまい、手のしびれ、頭重感、耳鳴り、悪心などむち打ちの症状。このような不快な症状は、靭帯(じんたい)や関節包、筋肉などの損傷により起こると言われています。しかし、レントゲンやMRIでは異常な所見が見られないケースも多く原因が特定しにくいため、整形外科でも対症療法にとどまり、根本的な改善に至らない場合があるのです。

そんなむち打ちの辛い症状に対して、鍼灸施術は有効です。むち打ちの施術実績が豊富な鍼灸院は多く、一般的な整形外科の治療では納得できない方が鍼灸施術を受けられるケースもあるのです。

むち打ちによる痛みの発生原因

むち打ちによる痛みの発生原因

交通事故などの衝撃により、首の部分がムチがしなるように前後に連続して大きく動くことで、首の靭帯や関節包、筋肉などが損傷し各種症状が起こるとされています。症状の出方や期間に個人差はありますが、経過が良くないと慢性化することもあるため、症状に対してきちんと対策を取る必要があります。

むち打ちの改善ポイント

鍼灸で筋緊張を和らげつらい症状をゆるめる

鍼灸によるツボ刺激が脳へ伝わることで脳から鎮痛物質が放出され、痛みが緩和されます。また、むち打ちの部分は過度の負荷がかかり筋肉硬直が起きている状態。その部位のツボを刺激することで、筋緊張を解いて滞った血行に働きかけます。

事故直後の急性期から1ヶ月経過した亜急性期、3ヶ月以降の慢性期まで、それぞれの状態、症状に応じて治療をさせていただきます。

交通事故の場合、自賠責保険が使える場合があります。
鍼灸施術で効果が見られない場合や重症の場合には、鍼灸施術の適用とならないケースもあります。

鍼灸院検索はこちらから!

ケガ・健康が得意な鍼灸院を探す

鍼灸院を探す

口コミ・レビュー広場