冷え性・血行不良の改善を鍼灸で

鍼灸さがし.net

鍼灸で冷え症・血行不良を和らげよう

手足などの末端や腰など身体の一部または全身が冷えているのは、女性に多い症状のひとつです。
「体はほてっているのに、足元だけ冷えて寒い」という方は特に要注意。これは「頭熱足寒(ずねつそっかん)」という状態であり、血行不良からだるさや目の下のクマ、頭痛、肩こりといったさまざまな症状を引き起こします。

冷え症が起こる原因はいくつかありますが、東洋医学では「自律神経の乱れ」により、循環機能、体温調節機能がうまく働かないことで起こると考えられています。

冷え症のメカニズム

冷え症のメカニズム
自律神経の乱れ

人間の身体は、自律神経の働きによって体温が一定に保たれています。ストレスや疲れなどによって自律神経が乱れると、体温調節機能が上手く働かなくなり、冷え症の原因に。

自律神経の失調は、血行不良の原因となり、低体温や身体の冷えを招きます。

症状緩和へのポイント

鍼灸で血行改善へ施術後はポカポカと心地よい状態に

鍼灸でツボを刺激することで、自律神経のバランスを整え、循環機能、体温調節機能に働きかけます。

冷えが解消し血行が促進されることで、随伴症状である頭痛、肩こりなどの改善も期待できます。

鍼灸院検索はこちらから!

生活習慣病が得意な鍼灸院を探す

鍼灸院を探す

口コミ・レビュー広場