鍼灸施術の流れ 予備知識

鍼灸さがし.net

おすすめ鍼灸院さがし.ネット > 初めての方へ > 施術の流れ・施術前に知っておきたいこと

施術の流れ・施術前に知っておきたいこと

鍼灸施術の流れはこちら

鍼灸院のご予約から受付、カウンセリング、施術、お会計、次回予約までの流れをご紹介します。

Step01予 約
すべての鍼灸院に当てはまるわけではありませんが、その多くが予約制です。
事前に予約が必要かどうか確認して、必要ならば予約をしましょう。初回は施術の説明やカウンセリングなどがあるので、施術時間にプラスして10~20分かかります。
Step02ご来院・受付
ご来院前1時間はできる限り食事は控えてください。
食後に来院する場合は、1時間以内に食事を済ませた旨を鍼灸師に伝えてください。
保険適用の場合には受付時に伝え、保険証を提出してください。受付を済ませたら、初回カルテを記入します。カルテは現状のお悩みや症状、病歴などを記載します。
Step03カウンセリング
一番気になっている症状をメインに、現在の生活習慣や既往歴などを鍼灸師に話します。身体のことで気になることがあれば、どんなことでも話しておきましょう。
Step04施 術
カウンセリング内容をもとに実際に身体の状態を見て、現在の状態を判断。
その後、症状改善のための施術を行います。
施術前には、ネックレス・ブレスレット・指輪・イヤリング・眼鏡など身に付けているものをはずします。鍼灸院の多くは施術用のズボンとシャツを貸してくれるので、どのような服装で行っても大丈夫です。爪の色から健康状態を把握しますので、できるだけマニキュアやペディキュアは控えてください。
Step05施術後の説明
身体の状態や今後の施術計画、食事や運動、日常生活における注意事項などをお伝えします。
Step06お会計・次回予約
お会計になります。支払いは現金のみのところもあるので、現金を用意しておきましょう。
領収証は医療費控除の対象になりますので、大切に保管してください。次回施術の希望があれば、予約をしておきましょう。

施術を受ける前に知っておきたいこと

初めて鍼灸施術を受ける方は、鍼灸院に行く前に下記をチェック! 鍼灸施術を受ける際の注意事項をご紹介します。

鍼灸院に行く前に

  1. 初回は問診表への記入やカウンセリングがあるため、予約時間よりも少し前(5~10分)に行くようにしましょう。
  2. ほとんどの鍼灸院で、患者さん用お着替えを用意しています。着替えなどの準備は不要です。
  3. 体調が悪い場合には無理をして鍼灸施術を受けるのは避けましょう。
  4. 妊娠中や生理中でも施術は受けられますが、その旨を必ず鍼灸師に伝えましょう。
こんな方は注意!鍼灸師に必ずお知らせください
  1. 糖尿病の方
    針やお灸による傷が治りづらい場合があり、トラブルとなることがあります。必ず事前にお知らせください。
  2. 肝炎など感染症の方
    感染防止の観点から、必ず事前にお知らせください。
  3. 頭痛の方
    以下の症状がある場合は、脳血管障害、脳腫瘍、髄膜炎など重篤な原因の可能性があります。速やかに病院に受診してください。
    1. だんだん痛みがひどくなる
    2. 突然、強く痛みだした
    3. これまでに無く強い痛みがある
  4. 精神疾患の方
    鍼灸施術で精神的なサポートもさせていただきますが、病院での治療が必要な場合があります。鍼灸だけに頼らず、必ず医師の指示に従ってください。
カウンセリング・施術中の注意点
  1. 現在の症状や既往歴などは施術の判断に重要になりますので、正確に鍼灸師に伝えましょう。
  2. 施術方法を工夫することで、痛みや熱さをできるだけ抑えて施術することが可能です。針やお灸の刺激に不安や恐怖がある方は、鍼灸師に申し出てください。
施術後の注意点
  1. 施術直後は、血行を促進するお風呂や飲酒は控えてください。入浴は、シャワーなどで軽くすませましょう。
  2. 激しいスポーツや働きすぎ、食べすぎにはご注意ください。
【好転反応について】

鍼灸施術後には、一時的に眠気やだるさが出る場合があります。これは、身体の悪い箇所がよくなる過程で起こる反応であり、「好転反応(こうてんはんのう)」と呼ばれます。時間がたてば自然とおさまるものですので、ゆっくりと休養して身体の回復を待ちましょう。

【好転反応の一般的な現れ方】
  1. 眠気やだるさ、疲労感、ほてり
  2. 下痢、大量の排便
  1. 濃い尿
  2. かすみ目、目やに
  1. ニキビ、吹き出物、湿疹
  2. 吐き気、頭痛、胃痛、腰痛
きっとみつかる!あなたにピッタリの鍼灸院

鍼灸院を探す