不妊の改善を鍼灸で

鍼灸さがし.net

鍼・お灸で妊娠しやすい身体へ

東洋医学においては、不妊症は「腎(じん)」の不足が原因のひとつと考えられています。
「腎」とは、生命活動に必要なエネルギーの源。誕生・成長・生殖・老化に至る人間の生命のエネルギーすべてを指します。新たな生命を世に生み出す妊娠・出産は腎の大きなエネルギーを要し、腎のエネルギーが低下していると不妊症になりやすいとされています。

腎は飲食習慣やストレス、労働作業などで消耗しやすいもの。この腎のエネルギーを充実させて、新たな生命の誕生をサポートするのに有効なのが鍼灸です。

不妊症の主な原因

子宮内膜の問題

子宮内膜の状態に問題があると、精子と卵子が受精しても上手く着床できず、着床しても育たない場合があります。腎のエネルギーが低下していたり、血液のめぐりが悪くなっていたりすると起こる可能性があります。

卵子の問題

卵巣機能は腎のエネルギーが大きく関与しているとされています。
腎のエネルギーが低下していると、卵子に問題が生じて妊娠しにくい状態になります。

ホルモンバランスの問題

ホルモンバランスが乱れていると、上手く排卵されなかったり、受精卵が育たなかったりします。これも腎のエネルギーと大きく関係しているとされています。

血行不良の問題

卵巣機能は腎のエネルギーが大きく関与しているとされています。腎のエネルギーが低下していると、卵子に問題が生じて妊娠しにくい状態になります。

不妊症の鍼灸施術のポイント

腎のエネルギーを高めて妊娠しやすい身体へ赤ちゃんを迎える身体づくりのために

腎のエネルギーを高めて妊娠しやすい身体へ赤ちゃんを迎える身体づくりのために

鍼灸で腎をサポートする「補腎(ほじん)」を行うことで、卵巣や子宮の機能向上が期待できます。腎の働きを高めることで、乱れていたホルモンバランスも整え、妊娠しやすい身体へ導きます。

また、血液のめぐりの悪化も不妊の原因のひとつ。子宮内に十分な血液が行き渡るように、鍼灸で働きかけます。

鍼灸院検索はこちらから!

婦人科系が得意な鍼灸院を探す

鍼灸院を探す

口コミ・レビュー広場