生理痛のケアを鍼灸で

鍼灸さがし.net

月に一度のつらい症状を和らげる鍼・お灸

東洋医学では、生理痛は身体になんらかのトラブルが起こっているサインと考えられています。
ですので、その身体の不調の訴えにきちんと耳を傾け、不調の原因を取り除けるようなケアをすることを大切にしています。

生理痛の考えられる主な原因

肝鬱気滞
(かんうつきたい)

体内循環が悪く血液や気の流れが停滞している状態。お腹が張る、頭痛がする、イライラするといった症状が出やすくなります。

気滞血お
(きたいけつお)

肝鬱気滞の状態が悪化することで、血液循環がさらに悪化している状態。腰や下腹部に刺すような強い痛みを感じやすくなります。

気血両虚
(きけつりょうきょ)

血液循環を促すエネルギーが不足し、血液循環が悪化している状態。お腹を圧迫すると痛い、重い痛みを感じる、暗赤色の血の塊が混ざっているといった症状が出やすくなります。

寒邪実盛
(かんじゃじっせい)

身体が冷えた状態。特にお腹に強い冷えと痛みを感じやすくなります。

湿熱(しつねつ)

熱く湿った気が体内に停滞している状態。腰痛や腰痛部の熱感が出やすくなります。

 

生理痛の鍼灸施術のポイント

月に一度のつらい症状、さようなら!健やかな身体づくりをサポート

月に一度のつらい症状、さようなら!健やかな身体づくりをサポート

鍼やお灸の刺激により、身体に溜まっている不要な血液や水分、気を外へ排出し、血液循環を改善させます。
全身の「気」「血」「水」のバランスを整えることで、腹痛などの不快な症状を和らげます。

鍼灸院検索はこちらから!

婦人科系が得意な鍼灸院を探す

鍼灸院を探す

口コミ・レビュー広場