間使 大巨 便秘の改善・予防のツボ

鍼灸さがし.net

便秘に効くツボ

世の女性の多くが悩んでいるのが「便秘」。ヨーグルトを食べたりマッサージをしたり、さまざまな方法を試しているけど解消しない……という方も多いのではないでしょうか。

便秘は、便を体の外に排出させる腸の動き「ぜんどう運動」が悪いことが原因のひとつ。ぜんどう運動を活発にするには、自律神経を刺激するツボ押しが効果的です。便秘気味の方はぜひお試しください。

間使(かんし)

間使(かんし)

腸のぜんどう運動を活発にして排便を促すツボです。

即効性があるので、便意を感じたときにいきむことができるようトイレの中で行うことをオススメします。

間使の場所

手と手首の境目にある横じわから指4本離れたところを押すと2本の筋を感じられるかと思います。
その筋の間が「間使」です。

ツボ刺激の仕方

親指をツボにあて、残りの4本の指で手首を支えながら、イタ気持ちいい程度の力で押し揉みます。
これを1~2分続けてください。

大巨(だいこ)

大巨(だいこ)

大巨は、便秘はもちろん、大腸・小腸などの消化器病や月経不順などにも効果があるツボです。

腸のぜんどう運動を活発にして排便を促します。

大巨の場所

おへそから左右に指3本分外側と、おへそから指3本分下のラインが交わる位置にあります。
便秘の方は硬くなっているので、すぐにわかります。

ツボ刺激の仕方

お腹の左右両側にツボがありますが、片方ずつ押していきます。
右手と左手の人差し指と中指を重ねて押し揉むように刺激。右手が下にくるようにして押し揉むと、力が入りやすくなります。1~2分行いましょう。

口コミ・レビュー広場