せき・たん・くしゃみを改善するツボ

鍼灸さがし.net

おすすめ鍼灸院さがし.ネット > 今すぐできるセルフケア・ホームケア > せき・たん・くしゃみにおすすめのツボ

せき・たん・くしゃみにおすすめのツボ

寒さも一段と強まり今年も風邪の季節がやってきました。風邪の症状のなかでも特にやっかいな「せき」「たん」「くしゃみ」。風邪のひき始めから、熱が引いた後の風邪の終盤まで長く続くうっとうしい症状です。一時的なものと軽くみられがちですが、「くしゃみ」による助骨骨折など、他の病気やけがを引き起こす恐れもあるので、たかが「せき」「たん」「くしゃみ」と侮ってはいけません。

今回は、普段の生活に支障をきたす「せき」「たん」「くしゃみ」に有効なツボをご紹介します。ぜひ試してみてください。

だん中(だんちゅう)

だん中(だんちゅう)

だん中はせきをしずめ、たんを切るツボとして有名です。

気管支炎が原因のせきであれば、鎖骨の間にある「天突」というツボも一緒におすとさらに良いでしょう。

また、だん中は環境によるストレスや神経の使い過ぎ、精神的疲労にも効果的なツボです。普段の生活で疲れたな…と感じた時にそっと押してみるのもいいですよ。

だん中の場所

胸の中央部分、左右の乳頭を結んだ腺のちょうど真ん中にあります

ツボ刺激の仕方

指をあて、ゆっくりとだんだんに強めて3秒間押します。力をゆっくりと抜きながらそっと指を離します。
この刺激を3~5回ほど繰り返します。

迎香(げいこう)

迎香(げいこう)

迎香はくしゃみと鼻水を止め、鼻づまりもすっきりするツボとして有名です。

また、大腸や排泄に関わるツボに属しているため「出るものはきちんと出す」といった効果が強いツボです。

スッキリしたい時にはオススメのツボです。

迎香の場所

鼻翼のさきの少し凹んだ部分にあります。

ツボ刺激の仕方

ツボに対して垂直に長くやさしく押します。右肩は、左手の中指と人差し指、左方は、右手の中指と人差し指で押しましょう。